工場案内

FACTORY

コアの打ち抜きから巻線、コイル入れ、仕上げ、モーター組み立てまで自社工場にて一貫対応しております。
仕様についてはもちろん、納期・予算・細かい変更などのご要望にもお答えすることができます。
短納期、小ロットの数台、十数台規模の生産なので短納期受注が可能です。 小ロット一台からでも短納期で対応いたします。
こちらでは松江電装の製造工程をご紹介しております

プレス・インサーター工程

全工程のスタートとなる作業工程です。
高速プレス機で鋼材を打抜き平押し成形を行います。インサーター工程では成形後のスロットに絶縁材を挿入します。

  • プレス・インサーター
  • 巻線工程

    ステーターコアにコイルを挿入し成形まで行う工程です。
    多種多様な商品に対応する為、巻線機を使用し手作業で行う工程と、ロボットにて一括して生産する工程があります。 商品に応じて多軸ロボット、直行型ロボットなど様々なロボットを使用しています。

  • 巻線
  • 白コイル工程

    カスタム製品に対応するため、様々な製品の図面指示を作業者が共有することが大切になります。

    ・巻線工程を完了した製品に、図面指示に従い仮結束作業や剥離作業をする。
    ・リード線をつける半田工程を経て、レーシングマシンで縫い合わせて成型をする。
    ・外観検査やレアー試験をした上で、次の工程に送り出す。
    それぞれの工程で作業者が機械と手作業で製品を整えながらチェックを重ね、製品の品質を確保している。

  • 白コイル
  • ワニス工程

    ステーターを絶縁(ワニス)溶剤+硬化剤の中に浸らせ、その後乾燥機で乾燥させます。

  • ワニス
  • 仕上工程

    後付け用として生産したコイルにリード線を取付、出荷場まで配送します。
      先付け用(リード線が元から取付いている)として生産したコイルは外観検査・特性検査をした後出荷場まで配送します。

  • 仕上
  • 組立工程

    ローターダイカスト完成品にシャフトをカシメたり、塗装等をしてローター完成品とする。 ステーター完成品とローター完成品を組み合わせモーター完成品ができ検査をして出荷します。

  • 組立
  • ダイカスト工程

    ローター積層にアルミ鋳造して、ローターダイカスト完成品を作製します。

  • ダイカスト
  • 品質管理

  • 品質管理
  • 製品の品質を管理する!

    製品の品質がたしかであることを検証し、保証します
    製造現場での不良品を出さないための管理をしています。

    製造技術

    製造体制を整えます

    自社製作で行っている自動生産設備では機械組立、電気設計、配線作業から制御プログラムの作成まで手がけています。
    今期、新規に多関節の産業用ロボットを量産ラインに導入しました。ロボットを活用した作業自動化・省人化を進めています。

  • 製造技術
  • TOPへ戻る